不完全焼入れ (ふかんぜんやきいれ)        [h22]

【用語の意味】

「完全焼入れ」に対応する用語。焼入れ後に表面各部位や表面と内部で硬さや組織に差があるものを指す場合が多いが、良いとか悪いというものではない。あいまいな表現の言葉である。


【補足説明】
亜共析鋼の例S45c焼入れ組織
左はS45Cの焼なまし状態の顕微鏡組織で、黒っぽく見える部分は共析のパーライト、白い部分がフェライトと呼ばれる部分である。右はごく小さな品物を水焼入れして焼戻ししてソルバイトという状態になっている状態で、焼入れ状態では、完全にマルテンサイトになっていたと思われるが、普通の品物ではこのような組織は得られず、50mm角程度の品物でも、フェライトが析出する。こうなると「不完全焼入れ組織」といえるが、それが問題となるかどうかは別の問題である。

SK105のような高炭素鋼であっても同じで、少し品物が大きくなると材料の特性から完全な焼入れ組織はえられない。さらに言えば、非常に焼入れ性の良い高合金工具鋼のSKD11でもφ100の品物を空冷で焼入れすると全表面は63HRC程度の同じ硬さになるが、中心部は58HRC程度である。

完全焼入れ、不完全焼入れなどは熱処理の組織などを説明するためのものと考えておいて、普通の品物に対しては間違ってイメージされるので、 理解して使うようにしなければならない。

↑記事のTOPに戻る