表面改質 (ひょうめんかいしつ)        [h20]

【用語の意味】

表面処理などによって鋼材の表面の性質(化学的、機械的)を改善すること、またはその作業。
一般的には、それを行って、何らかの性質が向上する方法をさすのが普通です。

スポンサーリンク



【補足説明】

用いられる意味や範囲は広く、「表面処理」と同意で呼ばれることも多いようです。

熱処理だけにとどまらず、加工、溶接、鋳造などでの材料表面の性質の向上などを含めるので、適用するものを定義するのも難しい状況です。

熱処理分野では、下図のように、表面焼入れ・表面硬化、浸炭・窒化などの浸透処理などがあげられます。
高周波焼入れ、浸炭、窒化などの表面熱処理が含まれます。

その分類や範囲を表した図などは、いろいろなものがWEBなどで見られますが、一例を示します。
表面改質の分類表



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る