第一鋼業株式会社~熱処理用語

ひも付き (ひもつき)        [h18]

鋼種やその仕様で製造された鋼材が、メーカー~鋼材問屋~需要先と流通していくときに、あらかじめ、取引方法が定まっている流通形態を言う慣用的な呼び方(業界用語)です。

これに対して、需要先が数箇所に分散する場合(一般的に流通している鋼材)は「市中品(市中材)」「店売り」などと呼ばれます。


JISなどに規定されている鋼種の仕様などは、最低限の取り決めしかないので、実際に流通・販売される鉄鋼種やその製造仕様や販売形態は千差万別です。

すべての物を問屋や販売店が保有して、それを一般需要先に市販するのは非効率ですので、自然にメーカーから需要家に至る特定の販売ルートができるのは当然でしょう。

小ロットの工具鋼や特定形状のものなどは、特定の流通経路をとらざるを得ない場合が多くなるのは仕方がないことで、一般鋼材や構造用鋼などの汎用鋼でも、鋼種・形状・寸法に応じて取り扱い問屋(鋼材店)が決まっているのが通例です。

鋼は、基本的にはこのように特定のルートで取引されるのが通常で、この、メーカーから売り先までが決まっている流通形態が「ひも付き」と呼ばれます。

ある時点で販売店などが在庫を持って一般に販売する場合は、その品物は業界用語で「店売り」「市中品」などと呼ばれますが、これも決まった言い方ではありません。

工具鋼では、様々な製品仕様があるために、成分、形状のみならず、標準仕様と少し変わっていたり、特殊な仕様を付加してメーカーに要求する場合がほとんどなので、このような閉ざされた販売ルートをとる傾向が強くなります。

当社でも、製品仕様書を取り交わして鋼種を購入する場合は、サイズ、成分範囲、特殊検査項目・・・などを仕様書に謳う場合には、「自社独自の鋼種名」をつけたり、全量を買い取るなどになるために、このような鋼種が一般市場に出回ることはありません。この流通も「ひもつき」です。

このようなこともあって、流通している鋼種を全把握するための、例えば「鋼種辞典」のようなものも過去にはありましたが、実情がわからないことから、現在では、定期的に改定されて販売されていないようです。

極端な例を言えば、JISのS45Cを、A社とB社がつくったとしても、それは、JISに定める内容にはなっていますが、全く品質や性能が違うものであるかもしれないのです。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し   R1.9 文章追加   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る