微小硬さ  (びしょうかたさ)         [h13]

【用語の意味】

測定荷重が200g程度以下で測定される硬さを微小硬さといいます。
通常の熱処理では、マイクロビッカース微小硬さ試験機を使って測定するものを指す場合が多いようです。

スポンサーリンク


【補足説明】

マイクロビッカース硬さ試験はビッカース硬さ試験を低荷重で行うようにした試験機で、通常、鏡面仕上げをした測定面に四角錐のダイヤモンド圧子を押し込んで圧痕を顕微鏡で拡大して対角の平均寸法を測定して、その大きさから硬さを算出するものです。
焼入れ品の表面からの硬さ推移などの微小部分の硬さ測定に用いられます。

非測定物の硬さが高い測定物場合は圧痕の大きさが小さくなるなどがあって、非測定物に応じて荷重を選定などの工夫をして測定します。

近年は一連の測定作業が自動化されている機器もあります。
特に、圧痕径を目視で読み取るには熟練が必要であるので、それらを自動化することで、硬さの精度向上が図られてきています。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る