刃物鋼 (はものこう)           [h09]

現在はJISの用途分類にはありませんが、過去にはJISに「刃物鋼」の分類として規定があったこともあって、この名前が残っているのですが、現在では、一般的には、刃物用途に使用される工具鋼の総称と言っていいでしょう。


特殊鋼メーカーの日立金属(株)では、「高級刃物鋼」という名前のカタログを発行しています。

そこには炭素鋼系、合金鋼系、ステンレス系から炭素量が3%に達する粉末工具鋼系の材料などが掲載されています。

日立金属の刃物鋼カタログより

ここには「ノミやカンナ刃、包丁」などやカスタムナイフ用などを対象にして、冷間で用いる工具鋼の鋼種を主体に掲載されています。

当社の加工品部門では、鋼板などの鉄鋼をせん断する刃物をたくさん作っていますが、これらの材料は、せん断条件に応じた刃物材料が求められることから、JIS鋼種以外の鋼種もたくさんあります。

基本的な鋼種分類は、高速度鋼、熱間・冷間ダイス鋼系の高合金材料が多いようです。

冷間で使用する工具では、おおむね58HRC程度以上の硬さに熱処理することができて、出来るだけじん性が高い冷間工具鋼系の材料が使用されます。

また、赤熱する鋼塊などを切断する熱間用の工具(刃物)では、50HRC程度の硬さがあれば十分ですので、その硬さが得られて、耐熱性の高い熱間工具鋼系の材料が刃物用材料として使用されます。

このように、様々な工具鋼分野の材料が刃物鋼として使われるのですが、すべての性質に優れた鋼種というものはないので、切断する条件に合わせて刃物の仕様を決めなければなりません。

カスタムナイフの製作を趣味とする方も多くおられますが、近年では、ハイス系の材料やマルテンサイト系のステンレスなどの高価な鋼材を使って作る人が増えているようです。

しかし、日本刀や高級包丁などの刃物のように、特に、切れ味を重要視される刃物には、今も、炭素工具鋼や低合金の工具鋼が使用されています。もちろん、名刀と言われる「日本刀」も、この一覧表にあるような炭素鋼の成分系のものです。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し  R1.11表を見やすくした   R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る