バッチ炉 (ばっちろ)           [h07]

熱処理では、一定の品物を炉内に入れて加工することを「バッチ処理」といいます。当社では、通常は横型の炉をさすことが多く、それに対して縦型の炉は「ピット炉」と呼んでいます。
これら「バッチ」に対しては、連続的に処理する「連続炉」がこの言葉に対応しています。


炉の呼び方についてですが、熱処理にかぎらず、装置を作っている会社であれば勝手にネーミングをしますし、自社でも勝手な呼び方をします。
自動バッチ炉や連続バッチ炉と呼ばれるものもあるようですので、何が正しい呼び方なのかはよくわかりません。
炉の名称

最近ではコンピュータ用語でバッチということを耳にするが、[batch]の意味を辞書で引くと、パンを焼く場合の「ひと窯」のような意味があることから、そんな意味合いで名付けられたような感じがします。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る