ハイス           [h04]

【用語の意味】

High Speed Steel :の先頭をとった業界用語であったが、今日では一般になっている。高速度工具鋼鋼材のこと。近年は、粉末ハイスやセミハイスと呼ばれる分類が加わっている。


【補足説明】

高炭素高合金の鋼材で、古くはSKH2に代表されるタングステン(W)系とSKH51(古くはSKH9)に代表されるモリブデン(Mo)系に分類されていた。それが高い焼入れ温度のタングステン系に変わてきた経緯がある。1/2のMo合金量で高温強度などがWと同等になり、鋼材価格も低下するのでモリブデン系が主流になったが、現在では低炭素低合金でじん性を強化したマトリックス系(=セミハイス)や高炭素高合金タイプの粉末ハイスなども多く市場に出回っている。

この粉末ハイスは、従来の製鋼方法ではできなかった成分系のものが粉末を固める方法で製造されており、耐摩耗性においては超硬合金との中間的な位置づけになっているものもある。粉末に対して従来のものを「溶製(ようせい)」という呼び方をされることもある。

焼入れ時に炭化物をオーステナイトに溶かしこむためには高温に加熱する必要があるが、加熱時間が長くなると結晶粒が粗大化するなどで品質が劣化するので、合金工具鋼などとは違った高温短時間の熱処理方法で熱処理されることなどから、鋼種に応じた推奨熱処理条件を守って熱処理することが重要である。

高温処理が必要なために古くからソルトバスを使った熱処理が主流であったが、今日では真空炉の性能が良くなったために光輝状態で仕上がる真空炉で熱処理されるもののほうが多くなった。しかし、工具寿命に面でソルト熱処理のほうが優れているという評価もあって、ソルトバスでの熱処理も根強く残っている。

ソルトバスでは、目標硬さに対して焼戻し温度を一定にして焼入れ温度を変えるという考え方で熱処理される傾向で、それに対して、真空炉による熱処理では焼入れ温度を基準にして焼戻し温度で硬さを決める傾向が強い。これは主に操業の効率性によるものであるが、鋼種、性能面から考えてもどちらにも一長一短があるので、寿命を比較してみるのもよいかもしれない。


↑記事のTOPに戻る