第一鋼業株式会社~熱処理用語

HQ-HT(えいちきゅー・えいちてぃー) [a12]

JISの加工記号で、焼入れ(HQ)・焼戻し(HT)のことです。
JIS B 0122加工方法記号 による表記で、HQ-HTは焼入れ焼戻しをいいます。


下は1978年版のJIS規格の熱処理関係の部分を引用したものです。

加工方法の記号は、Heat treatment(熱処理)は「H」で、その後に、Quenching(焼入れ)のQ、Tempering(焼戻し)のT、Annealing(焼なまし)のAなどを付け加えて、処理内容がわかるように考えられています。

JIS熱処理関係加工記号

近年、JISの規格内容については大きな変更がないものが多いのですが、現実的には、ここに示されている以上に加工の種類が細分化されているとともに、新しい加工方法がたくさん出てきています。

このために、JISの記号では対応しきれないことから、独自に加工記号を定めている企業・工場もあります。

当社(第一鋼業)でも、例えば、無酸化熱処理に「真空熱処理」「ガズ雰囲気の熱処理」「ソルトバス」などで内容が細分化していることに加えて、真空炉で焼入れして、大気炉で焼戻しするというように、工程の流れを記録する必要があり、さらに、この加工記号を用いて加工費用を分類する・・・などが必要ですので、それらを区別できるように独自の加工記号を作っています。

しかし、JISにはない記号を用いると、お客様にはわかりにくくなってしまいますので、納品書などには凡例をつけていますが、細分化すると便利ではありますが、複雑になって、わかりにくくなるのは否めません。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し  R1.7 見直し  R2.4 CSS変更

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る