アモルファス     [a04]

【用語の意味】

非晶質。ガラスのような、結晶化しない(結晶構造を持たない)物質。

スポンサーリンク


【補足説明】 

鉄鋼などの金属についても、非常に速い速度で焼入れ冷却するとアモルファス化することがわかっています。また、強加工をすることなどで「ナノ化」(微細化)以上に微細化を進めると非晶質になることが知られています。アモルファスになると、強度、磁性、耐食性などが変化し、鉄系でも、優れた性質が生まれる可能性がありますが、徐々にそれらの研究が進められています。
結晶とアモルファスの結晶構造模式
左が結晶構造、右がアモルファスのイメージです。
ドリル穴の近傍の顕微鏡組織を見ると、腐食しにくい薄層が出ることもありますが、これも強加工によりナノ化して異質のものになったものと考えられ、ナノ化をもっと進めるとアモルファス化するとされます。
ナノ化、アモルファス化は新しい金属ができる可能性を秘めていると言えます。



↑記事のTOPに戻る

用語の一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る