アズキュウ・アズロール     [a02]

【用語の意味】

英語で As-Quench(アズクエンチ) は「焼入れしたまま」、As-Roll(アズロール)は 「ロールしたまま」の状態という意味です。
As-Q(アズキュー)といわれていることも多いのですが、これは英語と言うよりも、業界用語に近い言い方でしょう。


アズクエンチは焼入れっぱなしの、焼戻ししていない状態、アズロールは圧延して冷却した状態ということで、これらは通常の英語表現であるので、普通に用いても意味が通じます。しかしアズキュウといわれると、一般の人にはわかりにくいでしょう。

熱間圧延された構造用鋼材(SS400など)の多くは、そのまま建築材料に利用する場合が多いので、ほとんどは「ロールしたまま(アズロール)」で、特に熱処理して出荷されるということもありませんが、機械構造用鋼材(例えばS45CやSCM435など)については、熱間圧延鋼材(=ロール材)のままで出荷する以外に、調質したり、焼ならし、焼なまし・・・などの熱処理をした状態で出荷されることも多く、これらをアズロール材(ロール材)に対して、調質材は「マルエッチ材」、焼ならし材は「マルエヌ材」、焼なまし材は「マルエイ材」・・・などの業界用語がしばしば使われています。

出荷される製品(鋼材)の表示では、JISに基づいた熱処理がされておれば、その熱処理内容を書いた荷札などが貼付されています。
調質材では「HQ-HT」、焼ならし品には「HNR」、完全焼なまし品には「HAF」などの加工記号が表記されています。



↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る