亜共析鋼(あきょうせきこう)   [a01]

共析鋼(約0.8%Cの炭素鋼)より炭素量が低い鋼を亜共析鋼、炭素量の多い鋼をか共析鋼といいます。

例えば、機械構造用炭素鋼S45Cの平均的な炭素量は0.45%なので亜共析鋼で、炭素工具鋼SK105(C%=1%)鋼は過共析鋼です。



亜共析鋼の例

これは、亜共析鋼の焼なまし状態の顕微鏡写真の例です。

鋼の製造過程で、溶湯の状態から凝固させる時に、最初に写真中の白く見えるフェライトと、共析組織になった残りの部分が凝固するので、このような組織になります。

黒っぽく見える部分が共析のパーライトで、白いフェライト組織があると亜共析鋼になります。

パーライトはセメンタイト(Fe3c:この3は小さな3)と呼ばれる炭化物とアルファ鉄(フェライト)が層状になっている組織で、焼なまし温度から徐冷されるときに共析のパーライトが析出して、残りがフェライトのまま残ったのがこの写真の組織です。

共析鋼では組織全体が共析のパーライト組織になっており、白いフェライトがない組織で、それ以上の炭素量(過共析鋼)では、結晶粒界に粒状のセメンタイトが析出する組織になります。


↑記事のTOPに戻る


(来歴)H30.11 文章見直し

用語の索引一覧へ

あ行 あいうえお」
か行 かきくけこ
さ行 さしすせそ
た行 たちつてと
な行 なにぬねの
は行 はひふへほ
ま行 まみむめも
や行 やゆよ
ら行 わ行 らりるれろわ

スポンサーリンク


HP紹介

鉄鋼の熱処理全般について紹介
せん断刃物技術の基礎事項を紹介
第一鋼業のHPとお問い合わせはこちらから

↑記事のTOPに戻る