スマホで読める「鋼の熱処理」第一鋼業編

このHPはパソコン用の記事をスマホでも読めるように簡略にしたもので、一般熱処理の全体焼入れを中心に紹介しています。

パソコン用記事や熱処理用語については、次のHPを御覧ください。

熱処理用語のページへ  

ページ案内

熱処理の状態を捉える(02)
温度変化  熱処理結果の捉え方
成分(炭素量)と温度で決まる鋼の状態(03)
平衡状態図  オーステナイト  結晶構造の変化
焼入れとは(11)
焼入れ  焼入れ性
熱処理の用語(12)
業界用語の話  合金元素  高硬度鋼
熱処理の用語2(13)
マルテンサイト  Ms・Mf点
焼入れ工程(14)
焼入れ操作  熱処理の記録
変態温度と熱処理温度(15)
焼入れ温度  変態温度と熱処理温度
焼入れ:保持時間と冷却(16)
焼入れ保持時間  焼入れ時の冷却
焼入れ性と硬化深さ(17)
焼入れ性  不完全焼入れ  有芯焼入れ
硬化と強さ(18)
硬化の仕組み  質量効果と臨界直径  引張強さと硬さ
機械構造用鋼の熱処理(19)
機械構造用鋼の熱処理  調質
工具鋼など、高合金鋼の焼入れ性(20)
工具鋼合金鋼の焼入れについて  工具鋼の焼入れ性  合金が増えると?
市販鋼種の標準熱処理について(21)
鋼種を考える場合は  焼入れによる寸法変化
焼ならし(25)
焼ならし  焼ならしの方法  ノルテン
焼戻し(31)
焼戻しとは  焼戻し温度に伴う変化  第一から第四過程
焼戻しに関係する話題(32)
重要な考え方  矯正について  低温焼戻し脆性
焼戻しの図表(33)
焼戻し温度の図表  構造用鋼の焼戻し
焼戻しに関係ある要素(34)
焼戻しパラメータ  焼戻しの保持時間  保持時間について
工具鋼の焼戻し(35)
工具鋼の焼戻し  工具鋼の焼戻し回数  3回焼戻しの必要性
鉄鋼を柔らかくする焼なまし(36)
鋼を柔らかくする  焼なまし後の硬さ
焼なましの種類と操作(37)
焼なましの種類  焼なましの操作   注意点
加熱用設備・熱処理炉(41)
熱処理炉  温度調節  温度測定機器
熱処理炉の特性(42)
加熱雰囲気と変質  着色脱炭  加圧冷却
冷却設備について(43)
冷却設備について  冷却性能  冷却性能の調整
熱処理での「硬さ」について(51)
硬さ・硬度  硬さ値  硬さ試験機について
硬さに関する問題点(52)
実際の品物測定  熱処理品の硬さ測定  検査者の技量
硬さの測定(53)
一般的な測定の仕方  検査の前準備  測る所・測り方によって・・・
ロックウェル硬さ・ショアー硬さ(54)
ロックウェル硬さ  HRCは  ショアー硬さ
硬さと機械的性質(55)
硬さと機械的性質  硬さの相互間の関係
鋼材について(61)
鋼材を探す  どこで入手する  高級材に向かう傾向
工具の材料を考える(62)
工具に必要な要素  工具に必要な硬さ  じん性と耐摩耗性
刃物(カスタムナイフ)の材料(63)
SK  SKS  SKD11  SUS  ハイス
耐摩耗性について(71)
試験方法  耐摩耗性  概念的な耐摩耗性
工具鋼のじん性評価について(72)
衝撃試験による  一般的なじん性傾向  抗折試験による
工具鋼データの見かた(81)
焼入れ特性  焼戻し硬さ曲線  機械的性質
色などで温度を知る昔からの方法(82)
体で感じる熱処理温度  加熱色 温度  焼戻し色と戻し温度判定
火花試験(83)
火花以外の鋼種の見分け方  火花試験のやり方  C量の推定
熱処理時の変形1(84)
熱による変形  変態による変形  焼戻し時の変形
焼割れ・時効変形(85)
時効変形  焼割れ戻し割れ
表面処理(86)
概要  注意点  JIS硬化深さ
表面熱処理(87)
火炎焼入れ  高周波  浸炭焼入れ
熱処理品の調査(91)
組織とは  顕微鏡試料  観察
顕微鏡組織(92)
顕微鏡組織  マルテンサイト組織  パーライト
硬さの換算について(93)
SAE換算表  第一鋼業の換算表
あとがき(95)
編者あとがき  参考文献  推奨WEBページ
熱処理用語のページへ  

スポンサーリンク